本サイトはプロモーションが含まれています

韓国ドラマ『ラブソリューション』キャスト相関図・あらすじ感想&評価

1月31日からU-NEXTオリジナルとして配信が始まったイ・ジア×カン・ギヨン主演の離婚解決士&弁護士コンビの韓国ドラマ『ラブソリューション〜愛の解決策、教えます〜』キャスト相関図あらすじに視聴した感想と評価のページです。

サブタイトルに騙されそうでしたがどちらかと言うと復讐劇に近い雰囲気から始まり、衝撃の展開やスリリングな場面もあって、テンポも良くかなり面白い作品です。

ソリューション(離婚解決士チームの社名)としての爽快感とラブコメディもあり、様々な要素が盛り込まれていて毎回楽しませてくれます。

ややマイナーな作品ですがかなりおすすめです。

移動できる目次

『ラブソリューション』基本情報

画像出典:jtbc

原題:끝내주는 해결사

配信:独占配信

全12話

『ラブソリューション』配信スケジュール

配信日:2024年1月31日(水)22:40~  ※毎週水・木配信となっています。

3月8日現在 全12話配信中です

『ラブソリューション』キャスト

『ラブソリューション』メインキャスト

画像出典:jtbc

キム・サラ

チャユル法律事務所で働いていたが、会長である義母の計略によって偽装離婚と息子の不正入学の罪を着せられ、息子は奪われて刑務所に入ることになってしまう。

キャスト:イ・ジア 代表作「ペントハウス」「マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜」「パンドラ:操作された楽園」

画像出典:jtbc

トン・ギジュン

南西部地検の正義を重んじる検事。サラとは旧知の仲のようだが…

キャスト:カン・ギヨン 代表作「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」「悪霊狩猟団: カウンターズ」「キム秘書はいったい、なぜ?」

画像出典:jtbc

ノ・ユルソン

チャユル法律事務所代表。サラの夫だったが母親の指示でサラを裏切り、しつこい浮気相手を…

キャスト:オ・ミンソク 代表作「ヒョンジェは美しい」「愛はビューティフル、人生はワンダフル」「女の秘密」

『ラブソリューション』その他のキャスト登場人物一覧

キャスト役名役割
ナ・ヨンヒチャ・ヒウォンユルソンの母でチャユル法律事務所の会長。ユルソンの妻であるサラを排除しようと企む
キム・ソニョンソン・ジャンミ夫テヒョクに対して裁判を起こす。助けてくれたサラと協力してソリューションを立ち上げる
ソ・ヘウォンカン・ボムサラの右腕ともいえる存在。ソリューションメンバーで元刑事
イ・テグクォン・テギソリューションメンバー。元ハッカーで各所にいる元カノからも情報を集める。
キム・シヒョンチャン・ヒジンソリューション事務長。怪しい動きを見せる
チョン・ミンジュンノ・ソユンサラの息子
カン・エシムパク・ジョンスクサラの母。飲食店を経営。娘の潔白を証明しようとして事件に巻き込まれてしまう
イ・ソアンハン・ジインユルソンの再婚相手で司法委員長の娘。
マ弁護士サラのライバル弁護士。サラがなるはずだった理事の座を奪う。
ペク秘書ユルソンの秘書
キム・テヒョク整形外科医院の院長。妻であるジャンミにDVをしている様子だが…
チョン・ハンビットナ・ユミユルソンの浮気相手。遺体となって見つかる
ナ・チャンイルギジュンの上司で刑事部長。チャユル法律事務所とつながりがあり、汚職をしている。
ソン・ギユンソ・ウンジンユミの指導教授。ユルソンが開く集まりのメンバーだったが飛び降りてしまう。
イ・ドゥソクパク・ジンウギジュンの検事時代の同僚で友人。たびたびギジュンに協力する
シム・イヨンイ・ジュウォン作家。セクハラ夫と別れようとしている。
イ・ドヨプチャン・ジェグク元アナウンサーでジュウォンの夫
ハン・ボルムチェ・ラヒネット配信者でトン・ギジュンの元恋人。ソリューションに依頼に現れる
オ・ドンミンカン・チョルラヒの夫
ユン・ダギョンキム・ヨンアハンジュ党代表
ユ・ミンチョルヨンアの夫
ハ・ヒョンホハンジュ党の議員
ペ・ソヒサラの母の食堂で働いていたアルバイト

韓国ドラマ『ラブソリューション』人物相関図

画像出典:jtbc

『ラブソリューション』を無料トライアルで視聴する方法

動画配信サブスクサービスU-NEXTの無料トライアルに登録すれば『ラブソリューション』をすぐに見放題で視聴できます。

月額2189円(税込)のサービスが初回の方限定で31日間無料で体験できます。

U-NEXTでは『ラブソリューション』のように度々追加されるオリジナルの韓国ドラマ『無駄なウソ』『ワンダフルデイズ』のような傑作も見放題となっています。

他にも『太陽の末裔』『星から来たあなた』あなたが眠っている間に』など数々の名作ドラマも独占見放題で配信しており映画や海外ドラマも他の追随を許さないほどの作品数があります。

また電子書籍のファッション誌や週刊誌などの様々な雑誌も読み放題で楽しめます。

無料トライアル登録で有料作品に使えるポイントも600円分貰えます。有料ポイントは最新映画や一部の最新ドラマ、漫画などの電子書籍に利用できます。

そのまま継続すると1200円分のポイントが毎月もらえます

もちろん『ラブソリューション』など見放題作品の視聴に有料ポイントは一切使いません。

名前などの簡単な入力とお支払い方法(クレジットカードやキャリア決済など)を設定するだけですぐに無料トライアルを始めることが出来ます。

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりませんので始めての方でも気軽に試してみてくださいね。

無料トライアルはこちらから登録できます

U-NEXTで配信中の作品の、本ページの情報は2024年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください

『ラブソリューション』あらすじ

各話の後半は省略してますので興味のある方は視聴してみてください。

『ラブソリューション』第1話あらすじ

キム・サラはチャユル法律事務所代表の妻として、会長である義母ヒウォンからは嫌われながらも順風満帆に暮らしていた。

検事のトン・ギジュンは上司の刑事部長ナ・チャンイルからの圧力をものともせず、飲食店のVIPルームで薬物使用の捜査を始め、大手グループ会長の姿を見つけてしっかりと証拠写真を撮る。

サラの夫ユルソンはホテルでナ・ユミと浮気をしていると、サラから連絡が入るが仕事に向かっているとごまかす。

ヒウォンとユルソンがヒウォンの誕生パーティーを開くがサラには席が用意されず、誰にも紹介されなかった。

サラは飲食店を営む母ジョンスクに会いに行く。温かく迎えた母は「娘は弁護士になったし、立派な家の嫁にもなった」と現在のサラのことを喜んでいた。

サラが家に帰るとヒウォンから「イヤな匂いがするから先にシャワーを浴びてきて」と酷い扱いをされる。

ヒウォンの酷い態度のことをユルソンに相談するが彼は「君が話を合わせてくれよ」と聞く耳を持たなかった。

サラは唯一の拠り所である息子の寝顔を見て「ソユンがいれば幸せよ」とつぶやく。

DV夫に苦しむソン・ジャンミは夫を訴える。ヒウォンはジャンミの夫である整形外科医院の院長キム・テヒョクの弁護をサラに頼むが、サラは院長の日頃の行いの悪さに「勝訴は望めません」と告げる。

ヒウォンは「今回の裁判に勝ったら理事の座をあなたにあげるわ」と言い、サラは「勝訴したらお義母さんと呼びます」と言い弁護を引き受ける。

サラは部下のボムと協力して弁護の準備を始める。裁判が始まりサラは夫であるテヒョクも暴行されていたとして証拠写真を出す。

サラはギジュンから連絡を受け会いに行く。合流した2人はしばらく見つめ合うがギジュンは「キム・テヒョクの弁護人ですか?」と尋ねる。

「はい」と言ったサラにギジュンはテヒョクの整形外科が麻薬管理に関する法律違反の疑いで捜索差し押さえされたことを説明して去っていく。

ギジュンは仲間に頼んでサラにテヒョクの情報を流す。サラの元にテヒョクが同性愛者だという情報が入り、ヒウォンがマ弁護士を理事にしたことも知る。

サラは偽装結婚と知りながら弁護をさせ、理事の座も渡してしまったヒウォンに怒りをぶつけ「これからは私もじっくりと考えさせてもらいます」と言って去っていく。

サラは裁判の休憩中にトイレでジャンミにテヒョクが同性愛者だったことを伝え、ジャンミは裁判に勝利する。

サラは息子ソユンが外国人学校に入学させられていたことを知り、ヒウォンを問い詰める。そこに全てを知っていた夫ユルソンもやってくる。

サラはヒウォンたちによって偽装離婚と不正入学の罪を着せられ、刑務所に入れられてしまうのだった。

『ラブソリューション』あらすじ 第2話~第11話

第2話 タップで開きます

ユルソンが母と一緒に司法委員長の親子を招いて食事をしているとギジュンから連絡が入り、ナ・ユミ死亡の件で検察庁に呼び出される。

刑務所に入っているサラはサンドバッグにユルソンの写真を貼ってトレーニングを始めていた。

ギジュンの元にサラの母から「亡くなった女性は自殺ではありません、ある映像を見たんです」と連絡が入る。

詳しいことを聞こうとするギジュンだったがサラの母は「私が南部地検に向かいます」と言って電話を切ってしまう。

ギジュンの呼び出しで検察庁に来たユルソンは、チャユル法律事務所の息がかかったナ部長に、ことの収拾を頼む。

帰ろうとしたユルソンは受付に来ていたサラ母の姿を見かける。サラの母は「トン・ギジュン検事をお願いします」と取り次ぎを頼んでいた。

ギジュンは呼び出されて急いで受付に向かうが、サラの母はすでに別の男性に声をかけられて移動したことを知る。

不審に思い防犯カメラを調べるギジュンはサラの母が連れて行かれる場面を確認するが、相手がユルソンではないことしかわからなかった。

サラに助けられて多額の慰謝料を受け取ったジャンミは面会に来て「私の慰謝料とあなたの能力を生かすの」と出所後に離婚解決士を一緒にやることを提案する。

サラに「一時出所の用意を」と刑務官から声がかけられる。サラは突然亡くなってしまった母の葬儀に連れてこられて驚いていた。

サラは母が飛び降りたことをボムから知らされショックを受けて涙を流す。葬儀に来ていたユルソンが慰めようとするがサラは拒絶する。

廃屋で謎の集まりを開くユルソンに「こちらが最後のメンバーのソ・ウンジン教授です」と仲間たちが紹介する。

ギジュンはユミの指導教授だったソ教授がユミと最後に通話していて供述が不審だったため、検察庁に呼び出して調査を始めようとしていた。

1人待つソ教授は携帯を見て震えていた。

検察庁に叫び声が響き渡る。ギジュンたちが慌てて現場に向かうが、ソ教授は窓から飛び降りて意識不明になってしまう。

過剰捜査だと市民たちがデモを起こし始める。記者たちの前でナ部長が謝罪するがギジュンはその場に割り込み過剰捜査を否定する。

早めに出所することになったサラをジャンミが迎えに来ていた。サラはジャンミに提案されていた離婚解決士の話に「やってみます」と返事をして、復讐して息子を取り戻すことが夢だと語る。

ナ部長に逆らったギジュンは左遷されてしまうが、検事をやめることを決意する。

時が経ちソリューション離婚サービスとしてオフィスを構えたサラ。仲間たちも集まり、新しい依頼人がやってくる。

第3話 タップで開きます

ソリューションに元恋人のギジュンがやってきて、戸惑いながらもサラは挨拶を交わす。

依頼人のジュウォンを、新人メイクのミンヒを襲った元アナウンサーの夫チャン・ジェグクから離婚させるためソリューションのメンバーが集まり作戦会議を始める。

チャユル法律事務所に依頼に来たジェグク。ユルソンはジェグクの妻ジュウォンの依頼をサラが受け、ギジュンが代理の弁護士となっていることを知る。

そんな中ジェグクが事務所で暴行されたと報道される。ジェグクは血を流し救急車で運ばれていた。

防犯カメラをチェックしたサラたちは事務所を訪れたジュウォンの姿と、ジェグクから性加害を受けたと訴えたミンヒも事務所のそばにいた事実を知る。

ジュウォンはミンヒが夫に会いに来ると知り事務所に向かったが、勇気が出なくて屋上にいたことをサラに説明する。

サラはジュウォンに「結婚した時何か事情があったんですね」と尋ねるとジュウォンは「私も同じことをされました」とミンヒのように襲われて、子供が出来て結婚することになったことを説明する。

ギジュンはジェグクの事件現場にドローンが飛んでいたことに気が付き、映像を手に入れる。

上空からの映像で事件の時刻に屋上にジュウォンがいたアリバイが証明され、ミンヒも事務所に入らなかったことがわかり、ミンヒに襲われたという話はジェグクの自演だったことがわかる。

サラは「ジェグクのウソは私達が暴いてやるわ」とソリューションメンバーに伝え、作戦を始めるのだった。

第4話 タップで開きます

議員であるジインの父ハン前司法長官の初公判が始まろうとしていた。ユルソンはジインと離婚しようとヒウォンと話し合う。

ジインはソリューションに依頼にやってくる。

別れた夫の妻であるジインに戸惑い断ろうとするサラに、ジインは「私は弱みを握られています」と再婚前の交際相手との赤裸々な映像が送られてきて、脅迫電話がかかってきたことを説明する。

ユルソンに弱みを握っている態度で離婚を迫られ、脅迫相手が彼にも映像を送っていると感じているジインは「優位な離婚になるように助けて下さい」と米国にいるソユンの連絡先と交換にサラに依頼を頼む。

悩みながらも依頼を受けることにしたサラはユルソンには財産分与するものがなく、すべては会長である母ヒウォン名義になっていることを説明する。

今回の作戦は「事務所にあるユルソンのUSBのXファイルを確認」「脅迫した犯人を捜し、元の映像を破棄する」ことになった。

サラとギジュンはユルソンの事務所に向かい、サラがユルソンの気を引いている間にギジュンがこっそりUSBを回収する。

会社に戻り、テギがUSBを解析するが動画は見つからなかった。ジャンミの紹介でソリューションに事務長としてチャン・ヒジンがやってくる。

ユルソンは議員候補になるためハンジュ党代表のキム・ヨンアに会いに来た。ヨンアは離婚訴訟がマイナスイメージになることを伝えるとユルソンは「候補者登録の前には必ず片付いています」と告げる。

ジインに会いに来たサラとギジュン。帰り際にサラは複数の男たちに車で連れて行かれてしまう。男たちはサラとジインを人違いしていた。

激しいカーチェイスの末にギジュンは男たちからサラを助け出す。サラはユルソンに会いに行き、彼の指示だったことを確信する。

ジインは動画で脅迫しお金を要求する人物に会いに行く。それを聞いたサラたちソリューションメンバーは急いで現場へと向かうが犯人を逃してしまう。

犯人の顔を見たテギは力が抜けたように地面に座り込んでいた。

第5話 タップで開きます

テギと抱き合うサラの姿を見てしまったギジュンは2人が恋人だと勘違いしてしまう。

気持ちが落ち着いたテギはサラに臓器移植対象者申請書を見せる。サラは「あなただったの?」と刑務所から早く出るために造血幹細胞の移植をしたことを思い出す。

当時病気で苦しんでいたテギは「チーム長が僕を助けてくれました」と感謝を伝え、ハッキングで提供者を知り、サラを助けるためにソリューションに入ったことを語る。

ヒジンからジインの動画を手に入れたユルソンは、ジインを脅して選挙のため協力することを強制する。

困ったジインはサラに連絡する。サラは破棄された動画がなぜかユルソンの元にあることをテギに伝える。テギは確認するため兄に連絡するが繋がらなかった。

ハンジュ党では国民投票で候補者を選出することになり、ユルソンはイメージアップのためジインを利用しようとしていた。

ユルソンは反対派たちの前で雇った男に顔をカッターで切らせる。入院したユルソンに寄り添うジインは心配する姿を見せユルソンは同情を誘いながら家族の絆を報道陣に語る。

ジインはTVの討論会でユルソンが父の保釈請求をしていないことを話しているのを聞き、利用されただけだったことに気がつく。

サラはギジュンの運転する車で街頭演説をするユルソンの前に現れ「私がノ・ユルソンの元妻です」と注目を集め、彼が誘拐未遂をしたことなど今までの悪行を拡声器で語り逃げていく。

翌日ユルソンは記者会見を開き「前妻による嫌がらせに悩まされてきました」と語り始め、ジインにサポートを頼む。

ジインは「ノ候補(ユルソン)が私を誘拐しようと前妻を誘拐したのは全て事実です」と記者たちに伝える。会見場の後ろにはサラとギジュンの姿があった。

記者たちが騒ぎ始める中、ジインはさらに「夫から脅迫を受けています」と動画のことを告白し、サラがユルソンに追い打ちをかける。ジインはサラと前日に作戦を立てていた。

もみ消そうとするユルソンだったが、全てテギとボムによって生中継されていた。

第6話 タップで開きます

ユルソンに閉じ込められた建物の中で火の手が上がり倒れ込むサラだったが、ギジュンがやってきて助け出す。

ヒジンはギジュンのデスクにあるノートを調べ、ユルソンにギジュンがナ・ユミの事件を調査していることを伝える。

ユルソンがジインに慰謝料を払うことなり、一人で飲んでいたサラはやってきたギジュンに喜びを伝える。

翌日ソリューションでサラはジインにお祝いを伝えていると、ユルソンが落選し慰謝料まで払わされて激怒したヒウォンがやってきてサラとジインにビンタする。

ヒウォンは「仕出かしたことを必ず後悔することになる」と捨て台詞を吐いて帰っていく。

ソリューションに新たな依頼があり、事故で車椅子の夫カン・チョルと夫を介抱するネット配信者の妻チェ・ラヒ。

今回は離婚しようとする妻ラヒからの依頼だった。やってきたラヒの姿を見てギジュンは戸惑う。

全てを監視する夫の束縛が辛いことを語るラヒは、ギジュンを誘惑するような目で見つめていた。

「知り合いなの?」と尋ねるサラに、ラヒは「真剣に交際していました」とギジュンとの写真が夫に見つかってしまったことを説明する。

ラヒの動画を確認するソリューションメンバーたちは夫が怪我をした動画があまりにも多いことを不審に感じていた。

その後も会うたびにラヒはギジュンとのスキンシップにサラに見せつける。ラヒはユルソンからサラとギジュンを仲違いさせるように金で依頼を受けていた。

ソリューションで迫るラヒを拒否するギジュン。怒って暴れて外に出たラヒは「どう寝ろって?」と電話でペク秘書と話している所をサラに見つかってしまう。

ラヒがネットで男性たちからお金を集めていたことを知ったチョルは、動画投稿のために意図的に怪我を負わされていたことをサラたちに告白する。

ソリューションメンバーたちはチョルを助けるためにラヒと離婚させる作戦を始めるのだった。

第7話 タップで開きます

ギジュンが”5人会”について探っていることを知ったサラは、ソリューションに来た理由が「ユルソンだとは思わなかった」とギジュンに告げる。

ギジュンは「俺をそんな人間だと思ってたのか?」と言うが、サラは「当分チームを抜けて」と言い去っていく。

サラはユルソンがリーダーと思われるチャユルタウン推進団である5人会を調べ、亡くなったソ・ウンジン教授が気になっていた。

ユルソンたちが賄賂を送り、ロースクール拡大のために法案を通そうとしていることに気が付いたサラは牽制するためにジャンミに頼んでスパでハンジュ党のキム・ヨンア代表に会う。

サラたちソリューションによってユルソンが離婚したことを知るヨンアは「離婚を止めたりもするの?」とサラに依頼する。

夫ミンチョルから離婚を迫られているが、夫の連れ子である2人の子供のために離婚できないとサラに説明するヨンア。

サラたちがミンチョルに話しを聞きに行くと彼が教祖にそそのかされていることがわかる。

ユルソンはチャユルタウンの法案を通そうとヨンアに協力を頼みに行くが、ユルソンの妻に対する態度を知るヨンアは断る。

ギジュンの部屋に来たサラ。ギジュンは調査したナ・ユミの事件を説明する。

ユミがユルソンの浮気相手でタクシーから転落して亡くなったこと、警察が自殺と断定したが60代の女性から情報提供があったこと、ソ・ウンジンの飛び降りと事件が関係していることを説明する。

ユルソンによってヨンアが教祖を相談役にしているという動画が拡散され党内で疑惑を追及される。サラたちは疑惑を払拭するために夫ミンチョルを脱会させようと考える。

ギジュンたちは潜入捜査で教祖が信者たちを騙している証拠を見つけるのだった。

第8話 タップで開きます

ユルソンがソ教授を脅す音声の複製データを探す何者かにサラの部屋で殴られ入院したギジュン、看病するサラはパク検事がチャユル側に寝返ったことをギジュンに伝える。

ユルソンはヨンアから乗り換えようとライバルのハ議員にヨンアと教祖に繋がりがあるように見える写真を渡す。

ヨンアは教祖との記事が出てしまい、ハ議員の罠にもかかり党での立場が危うくなる。教祖を尾行したテギとボムは教祖とユルソンの言い争いを録画する。

サラと相談したヨンアは記者会見を開き夫が熱狂的な信者であることを告白し、離婚の要求を受け入れるが、カルト教を信じる夫に子供は任せられないと決意を語る。

ソリューションメンバーが集まりサラが作戦を伝える。教祖の側近を買収したサラたちはヨンアの親権を勝ち取るため作戦を始めるのだった。

第9話 タップで開きます

ユルソンはヨンアの協力を得るため仲介できそうなサラを口説こうと何度もアプローチをかける。その姿に苛立ちを感じるギジュン。

母の法事を行うサラ、参列したギジュンはサラの母ジョンスクの写真を見ると、思い出したように当時検事局に来ていた情報提供者の映像をサラに見せる。

情報提供しようとする電話の音声もギジュンに聞かされたサラは、母であることを確信して衝撃を受ける。

調査を始めたサラとギジュンは母の食堂で働いていたバイトのペ・ソヒの存在を知る。ソヒを監視させていたユルソンはソヒにストーカーがいることを知り利用しようと考える。

ストーカーに追われているソヒを助けたサラは事件当日の詳しい話を聞く。

ソヒは事件当日ホテルのバイトで豪華な部屋を撮影中に携帯を落としてしまい、後日回収すると死亡したナ・ユミとユルソンとのやり取りが映っていてサラの母と一緒に確認したことを語る。

浮気の写真で脅すユミと、ユミが帰った後に写真を奪いに行き逆らったら始末するようにペク秘書に指示を出すユルソン。

動画をすでに削除してしまったソヒにサラは証言を頼むが、ストーカーに襲われたソヒは亡くなってしまう。

第10話 タップで開きます

サラは子供のため、逮捕するためにユルソンと再婚することをギジュンに話すと、さすがにやり過ぎだとギジュンは怒り、言い争いになる。

ユルソンに子供のために再婚すると告げるサラ。ユルソンはヨンアとの仲介役をするように条件を出す。

サラはソリューションメンバーに再婚を伝え、これから始める作戦”チャユルの詐欺ショー”の説明をする。

ユルソンをヨンアと会わせ仲介役を務めたサラ。会合が終わり、親権を渡すことや慰謝料が書いてある再婚契約書をユルソンに見せてサインを頼む。

ヒジンがユルソンに好意を持つチャユルのスパイであることを知ったサラはソリューションから追い出す。

ユルソンの屋敷に戻ったサラは事件当日のユルソンと会長のスケジュールを調べる。

テギとボムは亡くなったユミを乗せたタクシー運転手コン・ドゥックを尾行すると、ドゥックが会長と密談している所を見つける。

サラはドゥックが元々会長の運転手をしていたことを知り、ギジュンに相談すると母を連れていったのがドゥックだったことに気がつく。

全ての事件にドゥックが関わっていたことがわかったサラたちは、ドゥックを呼び出し問い詰めるのだった。

第11話 タップで開きます

サラの母パク・ジョンスク死亡当日

屋上に連れてこられたジョンスク。ユルソンは検察にいった理由を問い詰めるが、答えようとしないジョンスクに苛立ち勢いで突き飛ばしてしまう。

ジョンスクが落下していき慌てるユルソン。そばにいたペク秘書も驚きを隠せなかった。

現在

交通事故に遭ったコン・ドゥックは一命を取り留める。サラたちはユルソンとヒウォンを仲違いさせて互いに罪を吐き出すように作戦を考える。

サラはドゥックの弟のフリをしてヒウォンにメッセージを送り、ユルソンが罪をなすりつけようとしていることを印象づける。

ヒウォンは警察署長に連絡し、ユルソンは連行され取り調べを受ける。ユルソンはドゥックを病院から連れ出し、ヒウォンを脅迫するように指示を出す。

ヒウォンの指示でナ・ユミを殺害していたドゥックはヒウォンにカネを要求し、その様子をユルソンが録音する。

サラはユルソンがヒウォンに仕掛けた盗聴器を見つけ2人をさらに争わせる。ユルソンは先程録音した音声をヒウォンに聞かせて言い争いになる。

サラは仕掛けていた別の盗聴器で会長の証言を確保するが、ユルソンは自白する前に盗聴器に気づいてしまう。

サラは作戦の仕上げに警察を呼びユルソンを殺人教唆で逮捕させるが、ユルソンは「すべて会長の仕業です」とヒウォンに罪を着せようとする。

ユルソンはヒウォンを説得して残ってもらい、チャユルタウン投資説明会に向かう。そこにはサラが仕掛けた作戦が待ち受けていた。

第12話(最終話) タップで開きます

サラたちは5人会の資金管理担当のパク・ジョンイル記者が持つ裏帳簿を探すため動き出す。

追跡装置によってジョンイルが農地管理しているチャユルの土地が怪しいとわかり、サラたちは無人の農家の中で裏帳簿を見つける。

帳簿を受け取ったパク検事は記者会見を開きチャユルタウン疑惑事件について語る。

サラとギジュンはユルソンを追い詰めるため、ユルソンが罪を着せようとしているとペク秘書を揺さぶる。

チャユルタウン計画が失敗したユルソンはサラを呼び出し眠らせる。ユルソンはサラを港の冷凍コンテナ内に閉じ込めていた。

5分後に積荷が開始すると脅すユルソンは、サラに裏帳簿を捏造したというウソの証言をさせようとしていたが、サラはギリギリまで母の殺人の自白させようと粘る。

諦めたユルソンは去っていき、サラの入ったコンテナは運ばれてトラックに積まれてしまう。港にはサラのサインを見つけたギジュンたちソリューションメンバーが捜しに来ていた。

『ラブソリューション』見どころ

痛快なアクション?

第1話の序盤はイ・ジア演じるキム・サラが、離婚に応じない男を退治する痛快なアクションシーンを見せる場面から始まります。

この先こういったシーンが多くあるかはわかりませんが、今後の爽快感ある展開を思わせてくれるシーンですね。

次々と起きる衝撃の展開

弁護士として順風満帆に過ごしてきたサラでしたが、突如として奈落の底に落とされてしまいます。

刑務所に入ったサラが今後どういう展開で離婚解決士になっていくのか、そして突如として起きた交通事故の真相も気になりますね。

第1話終盤にサラの母に近づこうとするオ・ミンソク演じるユルソンの怪しさやユルソンの母ヒウォンもかなり恐ろしいです。

次々起きる事件で先が楽しみですね。

イ・ジア×カン・ギヨン主演

「ペントハウス」でも大活躍したイ・ジアが今回も復讐劇とも言えそうな内容で、優しさと力強さのある離婚解決士サラを魅力的に演じています。

「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」で法律事務所のリーダー的存在で、戸惑いながらもウ・ヨンウを導いていく役割で強い印象を残したカン・ギヨンが今回も弁護士として正義を守り、知的で優しいギジュン役を演じています。

『ラブソリューション』感想&評価

『ラブソリューション』序盤の感想&評価

第1話を視聴した感想です。

唐突なアクションから始まり、愛憎や離婚裁判に最後はサスペンス的な要素も見せてくれてあっという間に見終わってしまいました。

正直サブタイトルが…って気はしますが書かないと内容が伝わらないですかね。恐ろしい会長のヒウォンと狂気のマザコン夫?ユルソンのコンビがこれからも暴れていきそうです。

テンポはよかったですが、サラはまだまだやられっぱなしなので、ギジュンと協力したり仲間たちと合流したりしてソリューションとして戦っていくこれからの復讐にも期待しています。

本作の個人的評価は期待を込めてです。想像以上に面白かったので今後もスピーディーな展開で楽しませて欲しいですね。

第2話も怒涛の展開でかなり楽しませてくれました。ユルソンが開いている秘密の会合があったり、そのメンバーが突然飛び降りたりと新たな謎も出てきて更に面白くなってきました。

ついにソリューションとしての活動も始まり、合流したサラとギジュンの切ない過去や、これからラブロマンスも始まりそうな雰囲気まで見せてくれる盛りだくさんな内容に大満足です。

失礼かもしれませんが、予想外の面白さに驚いています。今のところ個人的にはかなりの高評価です。このままの勢いで最後まで楽しませてくれることに期待しています。

『ラブソリューション』中盤の感想&評価

第6話まで視聴しました。正直かなり面白いです。

けっこうコメディタッチなシーンも多くてラブコメを楽しみながら、サスペンスや法律の枠を越えたスパイのような戦いで爽快感も味わわせてくれます。

依頼人もシム・イヨンやハン・ボルムなど多彩なキャストが出演して、先の読めない意外な展開を見せてくれたり、ソリューション内部にもスパイが潜入していたりと見応えもしっかりとあります。

サラとギジュンの邪魔をしようとする秘密だらけの元夫ユルソンや、恐ろしい元義母のヒウォンとの戦いも見どころですね。

ここまでの個人的評価はです。とにかく色々起きてテンポが良くてわかりやすいストーリーなので、気軽に楽しめるけどしっかりと伏線もあり先が気になる魅力のある作品だと思います。

『ラブソリューション』最終回まで視聴した感想&評価

本作の個人的評価はです。かなりテンポがよくて気軽に楽しめる見事な作品でした。

ただ12話なのでやや物足りなさがありました。面白かったのでもっと壮大な話にして16話くらいで見たかった気もします。

詳しい感想と評価は↓

ネタバレありの感想&評価 タップで開きます

最終回まで視聴しました。

最後まで危険なことばかりしてツッコミどころ満載(逆に面白いです)でしたが、テンポを失わずにしっかりと楽しませてくれました。

しかし中盤あたりまでは毎回ゲストが出てきて多彩な展開で楽しませてくれたんですが、終盤はチャユルを追い詰めるややシンプルな展開だったのでもう少し色んな人との絡みが欲しかったです。

序盤ではミステリアスだった5人会やヒジンもやや影が薄かったですね。犯人は序盤から大体決まっていたので、もう少し意外な展開があってもより楽しめたかもしれませんね。

話数があればもっと壮大な話にもなった気がしますが、ダラダラせずにスッキリと終ったのでそれも良かったのかなとも思っています。

毎回コメディとサスペンスのちょうどよいバランスで楽しんで視聴できました。

刑務所から始まり、火災やコンテナなど最初から最後までダイナミックでスリリングなシーンがあり、しっかりとラブロマンスも盛り込まれていて退屈とは無縁でした。

ラストがややあっさりかなと思いましたが、もう少し見たいくらいがちょうどいいのかも知れません。

本作の個人的評価はです。毎回楽しみに見ていました、かなり面白かったです。

離婚解決士ソリューションの爽快感とメンバーたちのコミカルなやり取りに復讐劇やラブロマンスまでが絡み合っているのにシンプルでわかりやすいストーリーが見事でした。

キャストがやや地味(好きですごめんなさい)なので話題性は低めですが、あらゆる世代の方が楽しめる作品だと思いますので未視聴の方はぜひ視聴してみて下さいね。

無料トライアルはこちらから登録できます

U-NEXTで配信中の作品の、本ページの情報は2024年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトにてご確認ください。

移動できる目次