本サイトはプロモーションが含まれています

韓国ドラマ『ソンジェ背負って走れ』キャスト登場人物相関図あらすじ感想&評価

4月8日からピョン・ウソク×キム・へユン主演韓国ドラマ『ソンジェ背負って走れ』がU-NEXT独占配信されています。

本作はある出来事からバンドのメインボーカル、ソンジェの大ファンになった女性が過去へとタイムスリップしてしまい、ソンジェの悲しい未来を変えるために奮闘するファンタジックラブロマンスです。

ライブシーンや楽曲もかなりクオリティが高く、ヒューマンドラマとしての重さもしっかりとあって名作の予感をさせる見事な仕上がりとなっています。

移動できる目次

『ソンジェ背負って走れ』基本情報

画像出典:prtimes.jp

原題:선재 업고 튀어

話数:全16話

原作:作家キム・パンの韓国ウェブ小説『내일의 으뜸』(明日の一番)

配信開始日:2024年4月8日(月)23:00~

31日間無料トライアル実施中

『ソンジェ背負って走れ』無料トライアル詳細 タップで開きます

U-NEXTの無料トライアルに登録すれば月額2189円(税込)のサービスが初回の方限定で、31日間無料で体験できます。

もちろん『ソンジェ背負って走れ』もすぐに見放題で視聴できます。

U-NEXTでは度々追加されるオリジナルの韓国ドラマ『無駄なウソ』『ワンダフルデイズ』のような傑作や、名作恋愛ドラマ『太陽の末裔』『星から来たあなた』なども独占見放題で配信しており(2023年1月現在)映画や海外ドラマも他の追随を許さないほどの作品数があります。

また電子書籍のファッション誌や週刊誌などの様々な雑誌も読み放題で楽しめます。

無料トライアル登録で有料作品に使えるポイントも600円分貰えます。有料ポイントは最新映画や一部の最新ドラマ、漫画などの電子書籍に利用できます(そのまま継続すると1200円分のポイントが毎月もらえます)

もちろん『ソンジェ背負って走れ』など見放題作品の視聴に有料ポイントは一切使いません

お客様情報と決済方法(クレジットカードやキャリア決済など選べます)の5分程度の簡単な入力ですぐに登録できて、無料期間中に解約すれば料金は一切かかりませんので始めての方でも気軽に試してみてください。

無料トライアル公式サイトへ

『ソンジェ背負って走れ』配信スケジュール

配信開始は2024年4月8日(月)23:00~で 毎週月・火配信になっています。変更がなければ毎週同じ時間に配信されるものと思われます。

  • 4月8日 第1話 配信中
  • 4月9日 第2話 配信中
  • 4月15日 第3話 配信中
  • 4月16日 第4話 配信中
  • 4月22日 第5話 配信中
  • 4月23日 第6話 配信中
  • 4月29日 第7話 配信中
  • 4月30日 第8話 配信中
  • 5月6日 第9話 配信中
  • 5月7日 第10話 配信中
  • 5月13日 第11話 配信中
  • 5月14日 第12話 配信中
  • 5月20日 第13話 配信中
  • 5月21日 第14話 配信中
  • 5月27日 第15話 配信中
  • 5月28日 第16話(最終話) 配信中

5月29日現在全16話配信中になりました。U-NEXTのみで視聴できます

『ソンジェ背負って走れ』キャスト

リュ・ソンジェ(ピョン・ウソク)

画像出典:tvN

バンド「ECLIPSE」でデビューし、数年後バンドは大人気となりその中でもトップスターとして名声を得る。

キャスト:ピョン(ビョン)・ウソク 代表作「力の強い女 カン・ナムスン」「花が咲けば、月を想い」「20世紀のキミ」

イム・ソル(キム・ヘユン)

画像出典:tvN

イム・ソル

入院中で生きる希望をなくしていたが、偶然かかってきたラジオ出演中のソンジェの電話で元気を取り戻し、大ファンになってしまう。

キャスト:キム・へユン 代表作「御史とジョイ」「偶然見つけたハル」「SKYキャッスル」

キム・テソン(ソン・ゴニ)

画像出典:tvN

キム・テソン

学園祭のアイドル的存在でソルが学生時代に人生初の追っかけをした元推し。

キャスト:ソン・ゴニ 代表作「最終兵器アリス」「朝鮮弁護士」「SKYキャッスル」

ペク・インヒョク(イ・スンヒョプ)

画像出典:tvN

ペク・インヒョク

バンド「ECLIPSE」のリーダー。ソンジェが引退しようとしていることを他人から聞かされ激怒するが…

キャスト:イ・スンヒョプ 代表作「君がくれた恋の詩~カシリイッコ~」「わかっていても」「流れ星」

『ソンジェ背負って走れ』その他のキャスト登場人物

ソルの周辺

キャスト役名役割
チョン・ヨンジュパク・ボクスンソルの母。レンタルビデオショップ「クムビデオ」店長
ソン・ビョンスクチョン・マルチャソルの祖母。アニメ好き
ソン・ジホイム・クムソルの兄。俳優を目指している
ソ・ヘウォンイ・ヒョンジュソルの親友

ソンジェの周辺

キャスト役名役割
キム・ウォンヘリュ・グンドクソンジェの父。ボクスンにビデオを延滞していると勘違いされる
アン・サンウキム・ソクヒョンソンジェの所属事務所代表
イ・イルジュンパク・ドンソクソンジェのマネージャー
イ・チョルウキム・ヒョングチャガム高水泳部員。ソンジェをライバル視して度々ぶつかりあう
キム・ヒョンギュチェ・ヒョングチャガム高水泳部員
チョン・ガンヒアンコーチチャガム高水泳部コーチ

テソン周辺

キャスト役名役割
パク・ユンヒキム・ウォンチョル刑事。テソンの父
キム・フィギュチャ・イスルテソンの友人
オ・セヨンチェ・ガヒョンテソンの元ガールフレンド。テソンの近くにいるソルを威嚇する

バンド「ECLIPSE」メンバー

キャスト役名役割
ピョン・ウソクリュ・ソンジェボーカル
イ・スンヒョプペク・インヒョクリーダー
ムン・シオンヒョンスドラム
ヤン・ヒョクジェイベース

その他のキャスト登場人物

キャスト役名役割
ユリ(少女時代)ユリ(少女時代)2009年のユリ(少女時代)本人役。ソンジェ憧れのスターとして登場
チェ・ジョンフンソルがインターンを応募したボンシネマの従業員。
ソ・バングァンソルにボールをぶつけてしまう男子生徒
ク・ギョミンドンソプEclipse元ボーカル
ホ・ヒョンギュキム・ヨンスタクシー運転手
チョン・アジョンダ・ヘ2009年ヨンソ大でソンジェに好意を寄せる学生
イ・ウジェキム・チョロンソンジェのヨンソ大体育科の友人
キム・ミンギパク・ドジュンソルが説得しようとする、わがままな俳優

韓国ドラマ『ソンジェ背負って走れ』人物相関図

韓国ドラマ『ソンジェ背負って走れ』人物相関図

画像出典:tvN

『ソンジェ背負って走れ』あらすじ

各話の後半は省略しています。

『ソンジェ背負って走れ』第1話 あらすじ

第1話 タップで開きます

【ソンジェの危機】

2009年7月22日

61年ぶりに皆既日食が起きる。入院中のイム・ソルは母の話を聞きながら外を眺める。

2ヶ月前にデビューした4人組のバンド「ECLIPSE」メンバーたちがラジオに出演、企画で無作為に連絡しクイズに答えてもらうことになったソンジェは電話をかける。

母が割ったグラスで自傷しようとしていたソルだったが、電話が鳴り響き他の患者に文句を言われ電話に出ることに。

ソンジェが自己紹介するが「知りませんが」と冷たく返すソル。参加賞としてランニングシューズをプレゼントしようとしたDJに、歩けなくなっているソルは怒りをぶつける。

ソンジェはそんなソルにそばにいる人が大切に思っていることを伝え「今日を生きて欲しい」と声をかける。

ソルは泣き崩れ、戻ってきた母に抱きしめられる。

2022年12月31日

ソルはソンジェの大ファンになっていた。ソルは車椅子での生活だったが、家族に囲まれ幸せに過ごしていた。

大スターになったソンジェは引退を考えていたが、周囲からは強く反対されていた。

ソンジェの5年ぶりのコンサートの準備が始まるが、ソンジェはメンバーたちと口を聞かなかった。

コンサート会場にやってきたソルに、応募していた面接の連絡があり先にそちらに向かうが車椅子のため断られてしまう。

ソルは再び会場に戻ろうとバスに乗るが渋滞に巻き込まれてしまい、着いたときにはコンサートが始まっていて、チケットもなくしてしまい入場できなかった。

会場の外から歌声を聞いて応援するソル。ソンジェは予定にはなかったバラードをソロで歌い始める。

コンサートが終わり感無量のソルは帰っていく。

「ECLIPSE」リーダーのインヒョクは他人から引退話を聞き、ソンジェに掴みかかる。

雪が降り、帰り道のソルは漢江にかかる橋の途中で電動の車椅子が動かなくなってしまう。

車で帰る途中のソンジェは困っているソルの姿を見かけ傘を持ってソルの元へ。ソルは感激のあまり涙を流し、ファンであることを伝える。

送っていこうとするソンジェだったが、タイミング悪く親友のヒョンジュが迎えにやってくる。ソルは別れ際に「これがお好きですよね」と小瓶を渡す。

家に帰ったソルはオークションで手に入れたソンジェの腕時計をつけてみる。

ソンジェがホテルの高層からプールに落ちたと記事が出てファンの間で噂になる。

うたた寝して目覚めたソルは噂に気が付き、記事と心臓マッサージされている動画を見てショックを受ける。

韓国大病院に運ばれたことを知ったソルは急いで病院へと向かおうとするが、ソンジェの腕時計を川に落としてしまう。

ソンジェは2023年1月1日0時に病院で息を引き取る。街頭TVが訃報を伝え、川に降り腕時計を拾ったソルは絶望で泣き崩れる。

その時止まっていた時計が動き出し、気がつくとソルは2008年チャガム高校時代に戻っていた。

『ソンジェ背負って走れ』第2話 あらすじ

第2話 タップで開きます

【近づけば遠ざかる彼】

高校生に戻ったソルはようやく過去に戻った実感が湧いて、生きているソンジェの姿に涙を流す。

ソンジェに自己紹介するソルだったが、未来を知っていることを隠そうとしておかしな会話になってしまった。

教室に入ったソルは親友のヒョンジュや懐かしい同級生たちの姿を見て喜ぶ。

ソルはソンジェが悪いことを考えないようにそばで守ることを決意し、15年間そばにいるために仲良くなろうと考えていた。

外でタバコを吸う他校の不良たちと男子生徒がケンカをしている所を見たソルは我慢できずに助けに行き、結局一緒に逃げることになってしまう。

落ち着いたソルは彼が学園祭のアイドル、高校時代の推しで追っかけまでしていたキム・テソンであることに気がつく。

ソルはテソンのキザで憎たらしい態度に「こんなやつを好きだったなんて」と後悔していた。

ヒョンジュと話していたソルは、過去の自分が昨日テソンに告白していたことを聞かされ「なんて黒歴史なの」と恥ずかしくなる。

ソンジェと仲良くなろうと近づくソルだったが、彼は冷たい態度を見せていた。

そんな中、ソルがバスから降りれずに発車したことに気がついたソンジェは、猛ダッシュで追いかけバスを止めるのだった。

感謝するソルに、傘をバスに忘れただけと依然として冷たい態度を取るソンジェ。

ソルはこれから始まる水泳大会が、水泳部のソンジェが引退する原因になることを思い出し伝えようとするが、未来のことを教えようとすると周りの時間が止まってしまうことがわかる。

水泳を続けていたら歌手にならずに命を落とすこともないと考えたソルは、なんとかしてソンジェを助けようと動き出す。

『ソンジェ背負って走れ』第3話 あらすじ

第3話 タップで開きます

【告白はタイミング】

道路で立ちすくむソルを助けたソンジェ。ソルは15年前に事故に遭ったが詳しいことは何も覚えていないことをソンジェに語る。

最後の試合になる未来を知り心配するソルに「心配するな、正夢にはしないから」と言って水泳大会に出場するソンジェ。

ソンジェは見事1位になり、無事に試合が終わる。

ソンジェはソルに告白しようと考えインヒョクからアドバイスを受け、ソルを食事に誘う。

マイペースなソルに引っ張られて計画が次々と失敗してしまい、タイミングを失ったソンジェは告白できなくなってしまうが、ソルの頼みで一緒に証明写真を撮影する。

翌日水泳部のトレーニングをしていたソンジェは以前手術をした肩を再び痛めてしまい、病院へ行くと再手術と数年のリハビリが必要なことを告げられる。

選手生命が絶たれたソンジェは、絶望し苛立っていた。

ソンジェの運命が変えられず意気消沈するソルは、自分の事故があった9月1日のカレンダーにメモを書き込もうとするとすぐに消えてしまう。

何も変えられないことにソルも絶望し泣き崩れる。

翌日学校にいたソルは、これから自宅で火事があり母が大やけどしてしまったことを思い出す。

慌てるソルはちょうどそばにいたテソンにバイクで自宅に連れて行ってもらう。自宅では料理をしていた兄クムが目を離した隙に鍋が燃え上がっていた。

急いで自宅に入るソル、一緒についていったテソンが何とか火を消し止める。火事で母がやけどする運命を変えられたソルは喜び、テソンと仲良くなる。

『ソンジェ背負って走れ』第4話 あらすじ

第4話 タップで開きます

【思い出すべきこと】

なぜか2023年に戻ってきてしまったソルは病院で目覚める。ソンジェの存在を確かめようとするが彼の父の泣き叫ぶ姿ですでに亡くなっていることがわかる。

ソルの元に警察がやってきて、遺品にあったソンジェとソルが一緒に撮った証明写真を見せる。

それを見たソルは過去に行っていたのが夢じゃないことを確信し、少しでも未来が変わったことを知る。

ソルは再び過去に戻ろうと川へ行き同じ状況を作り時計のスイッチを押すが何も起きない。

そこにインヒョクから電話がかかってくる。悲しみに暮れ、ソルがソンジェに最後に会ったときの様子を知ろうとしていた。

インヒョクは「知ってるか?どれほどお前に罪悪感があったのか」と話して電話を切ってしまう。

12時になりソンジェの時計が光ったことに気がついたソルがすぐにボタンを押してみると、過去へと戻っていた。

家に戻ったソルは日付を見ると10日ほど過ぎていた。時計の数字2:00は過去に戻れる回数だと気が付き、あと2回しか戻れないことを知る。

未来を変えられることがわかったソルは再びソンジェの運命を変えようと動き出す。

ソンジェに近づこうとするソルだったが、ソルが未来に行っている間に19歳のソルがテソンと付き合い始めてしまい、ソンジェに無視されてしまう。

ソルとのキスを思い出し彼女の態度に苛立つソンジェは、ソルが酔っ払って覚えてなかったことを知り恥ずかしくなる。

一生懸命助けようとするソルはソンジェに「無理に俺と仲良くなろうとしないで」と言われてしまい、家に戻ると涙が止まらなかった。

『ソンジェ背負って走れ』第5話 あらすじ

第5話 タップで開きます

【恋敵】

橋から落ちたソルを救ったソンジェ。帰りのタクシーの中でソンジェはソルのことを引っ越してきたばかりの頃から知っていたことを語る。

翌日ソルは自分が作ったタイムカプセルをソンジェと一緒に埋めに行き、2023年1月1日の夜12時に漢江の橋で再会して一緒に開ける約束をする。

約束の日付はソンジェが亡くなる1日後。ソルはソンジェの運命を変えようとしていた。

ソルに派出所から連絡があり貯水池で落とした財布を受け取るが、一緒に落とした携帯電話は見つからなかった。

ソルは帰り道で貯水池のそばに人だかりが出来ていて、近くで遺体が発見されたことを知る。

不審なタクシー運転手はソルがなくした携帯を手に取り眺めていた。

バンド活動をしていたインヒョクとテソンたちはライブの予定だったが、メインボーカルのドンソプが来れないことになり、急遽ソンジェに代役を頼む。

ヒョンジュに誘われて一緒にライブに来ていたソルはソンジェが歌う姿に驚きながらも感動していた。

『ソンジェ背負って走れ』第6話 あらすじ

第6話 タップで開きます

【夕立】

ガヒョンと別れるために19歳のソルがテソンに利用されたと思い込んだソルはテソンに怒りをぶつけ、別れを告げる。

音楽に紛れて入っていたプールでソンジェが「好きだ」と告白した録音を聞いたソル。

戸惑うソルは目の前のソンジェから逃げるように帰っていく。ソルは自宅でネギを下ごしらえしながら嬉し涙を流していた。

ガヒョンがソルをいじめていたことを知ったテソンはソルに会いに来ていた。

テソンはガヒョンの悪さを何も知らなかったことをソルに謝り、自分のことを真剣に心配してくれたソルのことを「本気で好きだ」と再確認する。

テソンはバイクでの帰り道に飛び出してきた子供を避けようとして転倒してしまう。

自宅の電話が鳴って祖母が出る。「携帯を拾ったんです」とタクシー運転手が電話をかけていた。祖母は携帯を送ってもらうために運転手に住所を教える。

ソンジェとソルは街頭テレビでオリンピックを一緒に応援する。帰り道でソンジェはソルに自分の気持を伝え「すごく好きだ」と再び告白する。

返事をしようとしたソルだったが、ソンジェに入院中のテソンから電話がかかってきてソルの母親が病院にいることがわかり…

『ソンジェ背負って走れ』第7話 あらすじ

第7話 タップで開きます

【消えた時計】

2008年9月1日事故当日(以前の人生)

ソルに片思いするが声をかけられないソンジェは、バスで寝てしまったソルを起こせずに見守っていた。

ソンジェが荷物を落として手間取っていると、目が覚めたソルは慌てて貯水池でバスを降りてしまう。

ソルがいないことに気がついたソンジェだったが終点まで連れて行かれてしまう。

雨の中やってきたタクシーに乗り込もうとするソルだったが、中にあったロープとカッターの不気味さにその場を立ち去ろうとするが運転手に拉致されてしまう。

運転手が席を外した隙に手首のロープをカッターで切り脱出したソルだったが、走って逃げる所をタクシーにひかれて橋の上から転落してしまう。

その姿を目の当たりにしたソンジェは、急いで貯水池に飛び込みソルを助け出す。陸に上がったソンジェは襲ってきた運転手と格闘になるが、やってきた警察に運転手は逮捕される。

ソルは病院に運ばれるが、ショックで事故の記憶をなくし歩けなくなっていた。

2008年9月1日現在

ソンジェに会うため家を出たソルの前に不審なタクシー運転手が現れる。彼の顔を見て当時を思い出したソルは慌ててタクシーから逃げるが拉致されてしまう。

ソルは当時の記憶をもとにカッターでロープを切りタクシーの鍵を抜き取って逃げ出す。貯水池で事故に遭ったと聞いていたソンジェは心配になり急いで現場へ向かう。

ソンジェは派出所へ行きソルの捜索を頼む。

軽トラックに乗り換えた運転手にソルはひかれそうになるが、警察官であるテソンの父とソンジェがやってきて何とか助かる。

次の瞬間ソルの付けていたソンジェの時計が動き出し、ソルは再び2023年へと戻ってしまう。

2023年

ソルは現在が2023年1月1日で、現在は映画制作会社の社員になっていることを知る。運命が変わりソンジェが生きていることに喜ぶソル。

ソンジェと橋で合う約束をしていたソルは急いで向かうが時間が過ぎていたせいかソンジェはいなかった。ソルは一人タイムカプセルを探しに行くが埋めた場所はなくなっていた。

変わった未来に戸惑うソルは、なくなってしまったソンジェの時計を探すが見つからない。

過去にソンジェの告白に「私のことは諦めて」と言ってしまったソルは、ソンジェに会いたいのに合わせる顔がなかった。

ソルはソンジェの命日になるかもしれないコンサートが2週間延期されていたことを知りショックを受ける。

そしてコンサート当日になり…

『ソンジェ背負って走れ』第8話 あらすじ

第8話 タップで開きます

【動き出した時間】

ソンジェは2022年6月に花壇ごと撤去されそうだったタイムカプセルを掘り出していた。

2023年1月1日に約束の橋の上でタイムカプセルを持ち、ソルとの再会を楽しみにしていたソンジェだったが、いくら待ってもソルが来ず写真を撮られてしまい仕方なく帰る。

家に戻ったソンジェはタイムカプセルを開けてみる。

中にはソルから「ソンジェ生きててくれてありがとう」と感謝の手紙と時計が入っていてまた流れていく時間をプレゼントすると書いてあった。

2週間後、コンサート会場のソルは今がソンジェが亡くなった日と同じ状況になっている事に気が付き、慌てて橋へと向かう。その後ろ姿を不審な男が見つめていた。

映画制作会社からの花束を受け取ったソンジェは、持ってきた人物がソルだったことを知りコンサート会場の外を捜すが見つからず漢江の橋へと向かう。

橋でソルはソンジェと再会する。ソンジェを一人にすると危ないと思ったソルはなんとか一緒にいようと説得し、ソンジェの家にやってきた。

ソルは「今夜はそばにいないと安心できなくて」と正直な気持ちを伝える。

ソンジェの部屋でタイムカプセルを見つけたソル。ソンジェはソルに1月1日に約束の場所へ行ったことを伝える。

ソルは自分も遅れて約束の場所へ行っていたことや「私もずっと好きだった、会いたかった」と気持ちを伝える。

「今は?」とソルを見つめてキスをするソンジェ。ソルを家に送ったソンジェは嬉しそうに車で帰っていくが、不審な男はその様子を車の中からずっと眺めていた。

『ソンジェ背負って走れ』第9話 あらすじ

第9話 タップで開きます

【私を放っておいて】

2023年

襲われて手術中のソンジェ。ニュースを見たソルは慌てて病院へと向かうとソンジェの父が心配そうに座っていた。

ソルはソンジェの危険を回避するために再び過去に戻ろうとするが、現在の時計の在り処がわからなかった。

ニュースが流れ、ソンジェを襲ったのはソルを襲ったのと同じ犯人「キム・ヨンス」の逆恨みによる計画的犯行だったことを知るソル。

ソルは自分が知らない過去に再びソンジェとヨンスにトラブルがあった可能性を考える。

テソンの父キム刑事に当時の捜査資料を見せてもらったソル。

2009年5月10日に再びソルがヨンスに拉致され、助けに来たソンジェとヨンスが揉み合いになりソンジェは近くにあったブロックでヨンスに反撃していた。

ソルはソンジェの死は自分に責任があるとわかりショックを受ける。

ソルは祖母がつけていたソンジェの時計を発見し、夜を待って過去へと戻る。

2009年3月17日

ソルが気がつくと2009年ヨンソ大の石像の上にいた。驚いて落下してしまったソルをソンジェが受け止める。

関わるとソンジェに危険が及ぶと心配するソルは慌ててその場から逃げ出し、5月までにヨンスを逮捕しようと作戦を練る。

ソルは警察ヘ向かい、貯水池の事件と同じ人物に再び誘拐されそうになったことを通報し、持っていたタクシーの鍵を渡す。

ソルはヒョンジュに強引に誘われ新入生歓迎合宿へと向かう。ソルは歓迎会の罰ゲームで一緒に来ていたソンジェに恥ずかしいところを見られてしまう。

一人で逃げ出すように合宿から帰ろうとしたソルは林に入って迷って動物用の罠にかかってしまう。そこにやってきたソンジェが助けて合宿に連れ帰る。

『ソンジェ背負って走れ』第10話 あらすじ

第10話 タップで開きます

【好きになる資格】

ソルはソンジェに未来からタイムスリップしてきたことを伝えるが、信じてもらえなかった。

自分を振るためにウソをつかれたと思ったソンジェは一人になりため息を付いていた。

ソルはキム刑事から捜査が進み、ヨンスが殺人容疑で指名手配になったことを聞く。

インヒョクはソンジェにEclipseのオーディションに一緒に出て欲しいと頼みにいくと、ソンジェはあっさりと了承する。

テソンと再会したソルはテソンの父であるキム刑事に、2023年に「私じゃなくて、ソンジェを守って」と伝えてほしいと頼む。

テソンは貯水池の事件の犯人に関係あると気がついたが混乱してしまい、ソルは未来から来たことを告げる。

ソルが家に戻ると雨漏りになっていて、ちょうど近くにいたソンジェとテソンがソルの家族に頼まれて雨水を受け止めて協力することに。

しかしソンジェとテソンはソルを巡って言い争いになり、ケンカになってしまう。

なんとかケンカは収まったが、時間が遅くなりソルの母はテソンを泊めようとしていた。ソルが心配なソンジェは自分の家へとテソンを連れて行く。

ソンジェの家でくつろぎだしたテソンは「ソルが自分よりお前を守って欲しいと」ソンジェにソルが言っていたことを伝える。

翌日Eclipseのオーディションが始まり…

『ソンジェ背負って走れ』第11話 あらすじ

第11話 タップで開きます

【もう少しだけ】

ソルの埋めたタイムカプセルを開けて見たソンジェは2023年に自分が死ぬ可能性に気がついたが、不安を見せずにソルを抱きしめる。

ソンジェはソルにいつ未来に戻ってしまうのか尋ね、時計の1の表示を見て今回が最後であることに気がつく。

「1ヶ月後くらいかな」と言うソルに「戻ったら未来で会おう」と告げるソンジェ。

気持ちが通じ合ったソルとソンジェは恋人として幸せな日々を過ごしていた。

ソルは死の原因が歌手ではないこと知った今、何とかソンジェを歌手にしたいと考える。

テソンと会ったソルは、近所で見かけたトラックがヨンスの物だったことを知らされる。

心配して家族に打ち明けるよう提案するテソンだったが、ソルは「誰にも話さず秘密にして」と考えを変えなかった。

そこにソンジェがやってきてソンジェはテソンと2人で飲みに行くことに。ソンジェは酔ったテソンからヨンスのことを聞いてしまい…

『ソンジェ背負って走れ』第12話 あらすじ

第12話 タップで開きます

【変えられない選択】

Eclipseの最後のライブにボーカルとして出演したソンジェ。ライブが終わりソンジェは見に来ていたソルと一緒に楽しい時間を過ごしていた。

テソンは父であるキム刑事が事故にあったことを聞きつけて慌てて病院へとやってくる。

重傷だが元気そうな父の姿を見て安心するテソンは何が起きたかを尋ねると、キム刑事は逮捕したヨンスが逃亡してしまったことを説明する。

ソンジェとソルはそれぞれの家のニュースでヨンス逃亡を知る。

ソルはキム刑事を呼び出し5月10日に自分が拉致される予定の場所へと連れて行き、ヨンスが来るから当日にこの周辺を張り込んで欲しいと頼む。

ソルはヨンスを逮捕するために自らおとりになろうとしていた。心配で追いかけてきたソンジェは陰からその話を聞いていた。

インヒョクはオーディションで失態を演じてしまい、ショックで実家に戻っていた。

ソンジェとテソンとソルは一緒にインヒョクに会うため実家のある田舎の海岸へと向かう。

クム・ビデオに現れたヨンスはソルの母の電話に聞き耳をたてて、ソルが丹浦里にいることを知る。

皆と楽しく過ごしていたソルだったが、新しく変わってしまった過去の記憶が脳裏に浮かび、これから起きる出来事に気が付きはじめていた。

ソンジェと2人きりで夜を過ごすことになったソルは「今日、突然未来に行っても悲しまないで」とソンジェを見つめ…

『ソンジェ背負って走れ』第13話 あらすじ

第13話 タップで開きます

【何度目かの冬】

記憶が蘇り、これから崖でヨンスに追い詰められることを知ったソルは、命の危険があるソンジェを引き離そうと未来に戻ったフリをして帰りの電車から降りてしまう。

ソルは「自分の運命は自分で変える」と決意していた。

ソンジェは、前日からソルの様子がおかしかったことや、未来に行ったはずなのに時計を身につけていたことに気がつく。

ソルはキム刑事に連絡して丹浦里の港に来てくれるように頼み合流する。ソルはヨンスを誘い出すおとりになり、キム刑事はソルを見守りながら追いかけていく。

ソルの考えに気がついたソンジェも港に来ていたが、なかなかソルを見つけられない。

その時ソンジェにヨンスがぶつかる。ヨンスに気がついたソンジェ、ヨンスは慌てて逃げ出しソンジェが追いかける。

ソンジェが通報していたことを知ったソルは、ソンジェが来てしまったことを知り急いで崖へと向かう。

ソルが崖に到着するとソンジェはヨンスに刺されて海へと落ちていき、ヨンスはキム刑事たちに逮捕される。

未来

ソルは未来に戻り、何度も季節が過ぎてまた冬がやってきた。ソルは映画製作会社のプロデューサーになっていた。

ソルは俳優を説得しようとしてトラブルになり警察署に来ると、刑事になったテソンと再会する。

『ソンジェ背負って走れ』第14話 あらすじ

第14話 タップで開きます

【愛を失った2人】

海岸から遺体で見つかったソンジェの姿を見て泣き叫ぶソルは彼が付けていた腕時計に気がつく。

ソルは過去に戻る回数がすでに0になってしまった自分の時計と表示が3のソンジェの付けている時計を見て、再び過去に戻ることを思いつく。

「出会うべきじゃなかった」とソルはつぶやきながらソンジェの時計を利用して高校時代の過去に戻り、配達に来たソンジェと出会わない選択をする。

現在

乱暴な文章の退職届を見られる前に取り戻すため映画祭で社長のバッグを盗むソル。その姿を映画祭に来ていたソンジェが見てしまう。

走ってきたソルと階段でぶつかりそうになり受け止めるソンジェだったが、過去のソルとの思い出は全て無くなっていた。

お互いに封筒を落としてしまい、映画祭の受賞作品が書かれた紙とソルの退職届が入れ替わってしまう。

ボンシネマから企画書が送られ、ソルの書いた脚本を読むソンジェ。

脚本には「悲劇的な死を迎えた男と彼を救うために15年前に戻った女の物語」と書かれていて、ソルとソンジェの消えてしまった思い出が描かれていた。

読んだソンジェは覚えていないはずなのになぜか涙が出てきてしまう。

ソルはソンジェと会わないように出演を断り冷たい態度を取っていたが、なぜかお互いに引き寄せられるような出来事ばかり起きる。

ソンジェは不思議な記憶が見えるようになり、胸が苦しくなっていた。

『ソンジェ背負って走れ』第15話 あらすじ

第15話 タップで開きます

【心に刻まれた記憶】

脚本を読んでから不思議な感覚があり、映画に出たいと追ってきたソンジェとソルは観覧車で2人きりになっていた。

体調を崩したソルは観覧車の中で倒れてしまい、ソンジェは抱えて自分の部屋へと連れていく。

朝になり回復して目覚めたソルは戸惑いながらもソンジェの部屋を出ていこうとするが、心配するソンジェは強引に朝食を食べさせる。

ソンジェはソルと会うたびに記憶の断片が思い浮かんでいた。

ソル脚本の映画に出演することになったソンジェ。

映画会社と芸能事務所が集まり会合が行われる中、ソンジェは悲しすぎる結末を変えたいことを語り「女との記憶を失った男が偶然女と再会して、また恋に落ちる結末です」とハッピーエンドを望んでいた。

ソルは「運命から逃れられない最悪の結末では?」と否定しようとするが、ソンジェは「たとえ短くても愛する人と過ごしたい」とソルに向き合う。

ソルに好意を持ち、追いかけてきて声を掛けるソンジェに、ソルは「他に愛している人がいる」と諦めるように告げる。

ソルは涙を浮かべながら「さようなら」とソンジェの元から去っていく。

映画会社と打ち合わせをすることになったソンジェはソルが退職してしまったことを知り…

『ソンジェ背負って走れ』見どころ

心を揺さぶるヒューマンドラマ

足の不自由で希望をなくしていた主人公ソル。そんな彼女に希望を与えるもう一人の主人公であるスターのソンジェ。

そして数年後、ソンジェを一生懸命応援するソル。悩みを抱え引退を考えているソンジェ。

この2人のエモーショナルな心の繋がりが見る者の心を揺さぶり、この世界観にあっという間に引き込んでくれます。

時空を超えソンジェを助けに行くミステリー

ソンジェが突然息を引き取り謎が深まる中、ソルが所有する止まっていたソンジェの腕時計が動き出し、ソルは時空を超えソンジェを助けようと奮闘します。

果たしてソンジェの死は何が原因だったのか、時空を超えて真相を明かしていくミステリー要素も楽しませてくれそうですね。

クオリティの高い楽曲

ドラマ中に出てくるバンド「ECLIPSE」の楽曲ですが、疾走感がありキャッチーなメロディーラインでかなりクオリティが高いです。

ソンジェが聞かせてくれるバラードも美しく見事な仕上がりです。

まだ第1話の段階ですが、この先も素晴らしい楽曲を聞かせてくれることを期待したいですね。

『ソンジェ背負って走れ』感想&評価

序盤を視聴した感想&評価

第1話を視聴しました。

もっとお気楽なラブコメディかと思っていたんですが、心に傷をかかえたソルの入院風景から始まる重みのある展開に心を揺さぶられました。

希望を与えるバンドの姿と応援するソルの健気な姿に目頭が熱くなります。

「ECLIPSE」のテンポの良い楽曲やソンジェのバラードも思ってた以上にクオリティが高くて素晴らしいです。

おそらくオリジナルだと思いますので、韓国ではOSTなどもこれから出てきそうですね(Youtubeで見れるようになるかもしれません)

現時点での個人的評価はです。期待以上の出来で傑作の予感をさせてくれました。

星5でもいいくらい良かったですが、まだまだこれから面白くなることを期待しています。

次回も楽しみにしたいと思います。

第2話視聴しました。

やや重めの第1話とは打って変わって楽しい学生時代のラブコメディが始まりました。

第2話の中で伏線&回収までやってくれて、ちょっとしたサプライズもあり最後までとっても楽しめました。

高校生のソルの中身が30前くらいのお姉さんになっている所も注目ポイントでした。若いソンジェを大人の包容力で助け、そして見守る姿にも感情が揺さぶられます。

またそんな包容力に惹かれていきそうな学園祭のアイドル、キム・テソンもソンジェの恋のライバルになっていくんでしょうか。

そして最後の方まで高校生なのか途中から何年後とかになるのか、それとも過去と未来を行ったりきたりするのかわかりませんが(原作未読)ここまでの面白さに次回以降もかなり期待しています。

最終回まで視聴した感想&評価

タップで開きます

最終話まで視聴しました。

完成度が高く最後まで楽しませてもらいました。

切ないハッピーエンドで有名な名作映画「バタフライ・エフェクト」を思わせる終盤のドラマチックな展開に涙腺が崩壊しそうでした。

タイムスリップのルールや時系列、あっさり戻る記憶など色々ツッコミどころもありますが、そんなことを吹き飛ばすソルとソンジェの切なく甘く楽しいラブコメディは最高でしたね。

お兄さんとかサブキャラの恋愛や両親のやり取りなども、もうちょっと本筋に関係していればよかったかなとは思いました。

完全に友人になってしまったテソンはいい雰囲気で魅力的なキャラクターでしたね。どこか切なさを感じさせるのも良かったです。

サスペンス部分は動機などが曖昧でやや雑にも感じましたが、ラブコメにいいアクセントになっていたんじゃないでしょうか。

本作の個人的評価はです。

ちょっと甘めかもしれませんが、年齢など複雑な役どころで見事な演技を見せてくれたキム・ヘユンや爽やかすぎるイケメンっぷりが素晴らしかったピョン・ウソクを中心に、キャストたちの素晴らしい演技と、ドラマチックなストーリーを最後まで楽しませてくれました。

ここまで読んで視聴していない方は少ないとは思いますが、かなりの傑作なので、見てない方は自分に合う作品かどうかぜひ第1話だけでも視聴してみてくださいね。

最後まで感想を読んで頂きありがとうございます。興味があれば他の作品もチェックしてみてくださいね。

U-NEXTで配信中の作品の、本ページの情報は2024年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

移動できる目次